◎主な記録、実績
100メートル:10秒1(手動時計で計測)
1987年日本選手権100メートル3位

 三重県出身。木本高時代はラグビー部に所属していた。87年5月、三重県内の大会で初めての100メートルレースを走り、10秒2(手動時計)をマーク。翌月の日本選手権で3位に入る健闘を見せた。さらに同年7月、三重選手権100メートルで、10秒1という当時の日本タイ記録(手動時計)を出した。5回目の公式レースで日本記録という快挙だった。「足の裏すべてを使わず、つま先で走るから速い」とされ、日大進学後はラグビーから陸上に転向した。
 しかし、走法が磨かれれば磨かれるほど、自己記録は遠のいた。結局、日本選手権決勝まで進むことはあっても、優勝することはできなかった。手つかずのままの走りが、この選手には合っていたようだ。9秒58の世界記録を持つウサイン・ボルトもクリケットから陸上に転向した。もしかしたら、9秒台に近い選手は、他競技の中に埋もれているのかもしれない。(2011/12/6、記録は当時のもの)