橘家円蔵さん 写真特集

橘家円蔵さん 写真特集
時事ドットコム

   黒縁めがねがトレードマークで、焼き肉のたれのCMなどで親しまれた落語家の橘家円蔵(たちばなや・えんぞう、本名大山武雄=おおやま・たけお)さんが7日午前3時30分、心室細動のため東京都内の病院で死去した。81歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。お別れの会などは未定。
  1952年に7代目橘家円蔵に入門。65年、真打ちに昇進して5代目月の家円鏡を襲名。若手実力派として立川談志さんらと共に「落語四天王」と呼ばれた。独特のしわがれ声と速いテンポの話術でテレビやラジオで活躍、CMにも多数出演した。
  82年8代目橘家円蔵襲名。「死神」「らくだ」などの古典を得意とし、近年は寄席を中心に活動した。 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.