熊本で鳥インフルエンザ 写真特集

熊本で鳥インフルエンザ 写真特集
時事ドットコム

 農林水産省は2014年4月13日、感染すると高い確率で死ぬ高病原性の鳥インフルエンザが、熊本県多良木町の養鶏場で発生したと発表した。同じ農家が経営する別の養鶏場(相良村)を含めて、飼育する計約11万2000羽を殺処分にする。林芳正農水相は拡大防止の徹底などを指示し、感染原因などを調査するため、専門家チームを派遣した。感染経路は現時点で不明だが、周辺への感染拡大は同日正午時点で確認されていない。
 写真は、高病原性鳥インフルエンザの発生が確認され、殺処分が進められる養鶏場(熊本県多良木町)[熊本県提供] 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.