シリア難民〜内戦で200万人が国外へ〜 写真特集

シリア難民〜内戦で200万人が国外へ〜 写真特集
時事ドットコム

 チュニジアで始まった「アラブの春」がシリアにも波及し、2011年3月に始まった反アサド政権のデモが全土に拡大した。アサド大統領がデモ参加者を徹底して弾圧したのに対して、政権離脱した兵士らが「自由シリア軍」を結成。国外からイスラム過激派も参入し、内戦は泥沼化している。13年8月時点で国外に逃れた難民は約200万人に上り、半数は18歳以下、このうち4分の3が10歳以下とされる。

 写真は、トルコ国境に近い難民キャンプで、鉄格子のドアごしに食料を待っているシリアの少年(イドリブ県) 【AFP=時事】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.