センバツPhotoスタジアム 写真特集

センバツPhotoスタジアム 写真特集
時事ドットコム 時事ドットコム
          第63回:決勝 広陵6−5松商学園
  65年ぶりに決勝で相まみえた両校。取っては取られ、取られては取り返す白熱の打撃戦になった。松商学園(長野)が7回に荒井敏幸の2ランで3点差にした時は勝負あったかに見えたが、粘る広陵(広島)も7回に適時打を重ねて同点。好投手・上田佳範(のち日本ハム)をマウンドから引きずりおろした。
  そのまま延長戦に突入するかと思われた9回、広陵は2死1、2塁から下松孝史が右越え安打を放ちサヨナラ勝ち。熱戦にピリオドを打った。最後の打球を追ったのは、7回途中から右翼守備についていた上田。この日、初めて処理する打球でもあった。飛んだ方向が、広陵には幸運、松商学園には不運な結果をもたらした。
  写真は、下松孝史の右越え安打で二塁から生還する二岡聡。右は松商学園の辻利行捕手,【時事通信社】,t  

時事ドットコム 時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.