センバツPhotoスタジアム 写真特集

センバツPhotoスタジアム 写真特集
時事ドットコム
           第78回:2回戦 早稲田実7−7関西
  早稲田実(東京)・斎藤佑樹投手(のち日本ハム)の甲子園2戦目。中盤から激しい点の取り合いとなり、関西(岡山)が9回、満塁の走者を一掃する安井一平の三塁打で追い付いた。延長では互いに譲らず、延長15回で引き分け。再試合では早実が4−3と競り勝った。
  早実といえば、この年夏の全国選手権大会で駒大苫小牧(南北海道)と引き分けた試合が有名だ。春夏連続で15回を投げ抜いた斎藤投手、ニックネームは「ハンカチ王子」より「半勝ち王子」の方が似合っていたか。
  写真は、九回無死満塁から右中間に走者一掃の三塁打を放つ関西・安井。投手・斎藤。 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.