中村勝広氏 写真特集

中村勝広氏 写真特集
時事ドットコム

 プロ野球阪神とオリックスの元監督で、阪神ゼネラルマネジャー(GM)の中村勝広氏が2015年9月23日に死去した。66歳だった。チームとともに滞在していた東京都港区のホテルのベッドで、死亡しているのが見つかった。球団は死因を急性心不全と発表した。 中村氏は千葉・成東高から早大に進学し、1972年に阪神にドラフト2位で入団。主に二塁手として堅実な守備でチームを支え、78年にはシーズン守備率9割9分5厘の当時のプロ野球新記録を達成した。現役時代の成績は、通算11年で939試合に出場し、打率2割4分6厘、76本塁打、219打点。
 82年に引退後は阪神の2軍監督や解説者などを務め、90年から95年途中まで阪神監督。その後オリックスのGM、監督を経て、12年秋に阪神のGMに就任した。写真は阪神の監督就任1年目の中村氏=1990年5月19日、東京ドーム 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.