膠潟若ゃ潟違医腥堺鐚鐚鐚鐚鐚¥叱特集

膠潟若ゃ潟違医腥堺鐚鐚鐚鐚鐚¥叱特集
時事ドットコム

 米ボーイング社は、客席数130〜200程度の小型旅客機として新型の「737MAX」を開発し、2015年12月に初号機をロールアウトさせた。写真は米ワシントン州レントンの同社工場で公開された737MAXタイプ8の機体。737MAXは客席数126〜149のタイプ7、同162〜189のタイプ8、同180〜215のタイプ9の3種類が開発される。いずれのタイプも新型エンジンを搭載し、従来機に比べて燃費性能が大幅に向上、航続距離の延伸や貨物積載量の拡大が期待されている。初飛行は16年の予定だが、15年12月の時点で既に全世界の航空会社から約3000機を受注している。

 ボーイング737は、原型機が1967年に初飛行。ローカル空港をつなぐ短距離路線用の機材を想定し、キャビンの中央に通路を設け、その両側に3席ずつを配した単通路のナローボディを採用した。当初、基本タイプは客席数100弱だったが、後にボディを延長した最大客席数136の拡大タイプも製造された。その後、2回のバージョンアップが行われ、737MAXは実質4世代目の機体となる 【AFP=時事】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.