インカの失われた都市、神秘の遺跡「マチュピチュ」 特集

インカの失われた都市、神秘の遺跡「マチュピチュ」 特集
時事ドットコム

 マチュピチュ


 インカ時代に建造されたとされる謎多きマチュピチュ。スペイン人によるインカ侵略の際、数多くの遺跡が破壊されたが、標高2400メートルのジャングル奥地にあったマチュピチュは、征服者の目から逃れることができた。
 インカ帝国最後の都であったと言われる謎の都市「ビルカバンバ」を探していた米歴史学者ハイラム・ビンガム博士によって1911年、草に覆われていたマチュピチュが発見され、約400年ぶりにその雄姿を現すことになった。
 上空からしか確認できないということから「秘密都市」「空中都市」などと呼ばれているマチュピチュ。2007年には、新・世界七不思議にも認定され、観光客はさらに増え続けているという。 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.