巨大海洋生物 ダイオウホウズキイカ 写真特集

巨大海洋生物 ダイオウホウズキイカ 写真特集
時事ドットコム

 ダイオウホウズキイカは、南極海の深海に生息し、体長は成長したもので12〜14メートルに達する。胴体部分がダイオウイカよりも大きく、触腕は短い。吸盤には鋭いかぎ爪が付いており、これを獲物に食い込ませて動けなくする。天敵のマッコウクジラとも、かぎ爪を武器に戦うとされている。
 写真は、ニュージーランド南方の南極海で見つかったダイオウホウズキイカ。体長は約10メートル、重さは約500キロ〔同国漁業省提供〕 【AFP=時事】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.