鴻若鴻宴若絨鎶喝膩特集

鴻若鴻宴若絨鎶喝膩特集
時事ドットコム

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)女子500メートルで種目別初優勝を遂げた小平奈緒(相沢病院)が2日、成田空港着の航空機で帰国し、「粘り強く最後まで戦えた」と笑顔で振り返った。
 昨年4月に練習拠点をオランダに移し、11月にW杯で初優勝し、表彰台に8度上がる成果を残した。「進みたい道を進んで結果につながった。自信を持っていいと思う」と胸を張った。来季もオランダでの活動を希望しており、今後、所属先と相談して決める。3年後の平昌五輪を見据え、「今の自分のスタイルは崩さず、選んだ道を積極的に歩いていきたい」と力強く語った。
 写真は、種目別優勝カップを持つ小平 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.