韓国陸空合同軍事演習 写真特集

韓国陸空合同軍事演習 写真特集
時事ドットコム

 韓国が北朝鮮との軍事境界線に近い京畿道抱川市で実施した陸空両軍による実弾演習で、主砲を発射するK1A1型戦車。K1は韓国初の国産戦車で、初期型の主砲は105ミリライフル砲だったが、改良型のK1A1はより威力の高い120ミリ滑腔砲に換装している。 韓国軍はこの演習を毎年行う通常の訓練だとしているが、今回は延坪島砲撃に続く北朝鮮の挑発を抑止する意味合いも大きいとみられる。演習には兵士ら約800人が参加し、K1戦車やK9自走砲、攻撃用ヘリ、戦闘機などが目標物に向け砲撃や射撃を実施。延坪島砲撃と同様の挑発に備え、レーダーで敵の攻撃地点を探知し、打撃を加える訓練も行われた。また、訓練の様子は招待された市民ら2000人や、内外のメディアに公開された 【AFP=時事】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.