除染 写真特集

除染 写真特集
時事ドットコム 時事ドットコム

 「面的除染」のモデル事業で、散水しながらショベルカーで駐車場の表土を削り取る作業員(福島県南相馬市原町区)
 日本原子力研究開発機構は11月29日、東京電力福島第1原発から約25キロ離れた福島県南相馬市内で、広範囲にわたって放射性物質を取り除く「面的除染」のモデル事業を本格的に始めた。モデル事業は原発周辺などでも始まっているが、実際の除染作業に入るのは初めてで、手法や効果を検証する。
 南相馬市原町区にある約4ヘクタールのモデル地区では同日、約10人が作業に就き、駐車場では、放射性物質がまわないよう、散水しながら表土をショベルカーで削り取った。給水塔では作業員がタンクに上り、表面を紙タオルで丹念に拭った。表面線量が毎時110マイクロシーベルト以上あった雨どいでは、除染後は同3マイクロシーベルトまで下がった。 【時事通信社】

時事ドットコム 時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.