競泳・入江陵介 写真特集

競泳・入江陵介 写真特集
時事ドットコム

 水泳の世界選手権は7日行われ、男子200メートル背泳ぎ決勝の入江陵介(イトマン東進)は1分54秒81で4位にとどまり、メダルを逃した。
 。入江は積極的なレースで前半100メートルはトップ。しかし、後半に失速し、「勝負と思ったが、後半がまだ力不足。今まで頑張ってきた分、ただただ悔しい。もがきながらのレースだった。来年に向けてもう一度頑張りたい」。2年前の前回大会に続き、個人種目ではメダルに一歩届かなかった。
 写真は、男子200メートル背泳ぎ決勝で4位に終わり、落胆した様子の入江=ロシア・カザニ 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.