引き際の美学 「引退」 写真特集

引き際の美学 「引退」 写真特集
時事ドットコム
プロ野球 前田智徳(広島)

  プロ野球広島の前田智徳外野手(42)が9月27日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し、「やっと終わった。いろんな重圧から解放され、ほっとしている」と今季限りでの現役引退を表明した。退団し、今後は評論家として活動する意向。10月3日の中日戦(マツダ)で引退セレモニーが行われる予定。
  打撃コーチ補佐も兼任した24年目の今季は、4月23日のヤクルト戦(神宮)で死球を受け左手首を骨折。手術を受けたが回復が遅れ、本来の打撃を取り戻せなかったという。27日現在、通算成績は2186試合の出場で2119安打、295本塁打、1112打点、打率3割2厘。
  熊本工高からドラフト4位で1990年に広島入団。巧みなバットコントロールに長打力、勝負強さも備えた天才肌の左打者として知られた。アキレスけん断裂など大けがを克服しながらチームをけん引。人気と実力を兼ね備えた広島の顔として活躍した 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.