芸術の修復だ!! 写真特集

芸術の修復だ!! 写真特集
時事ドットコム

 エジプト考古省は16日、首都カイロの考古学博物館で記者会見し、あごひげの取り付けで不手際があった古代エジプト王ツタンカーメンの「黄金のマスク」について、修復が完了したと発表した。マスクは既に博物館の展示室に戻されており、17日から約2カ月ぶりに一般公開される。
 マスクは重さ約11キロで、ほぼ全体が純金でできている。昨年8月、展示用照明の修理作業中にあごひげの部分が取れる事故があった。職員があわてて修理を試みたところ、つけすぎた接着剤がマスクの表面にはみ出した状態で固まってしまうなどし、ずさんな管理が大きな問題となった。今回の修復では、ドイツの専門家らが問題の接着剤を完全に剥がし、蜜ろうを使って再びあごひげを取り付ける作業に当たった。ダマティ考古相は、作業の過程で「(あごから長く下に伸びた)ひげの内部に黄金の筒が見つかった」と指摘し、修復には「けがの功名」の側面もあったことを強調した。
 写真は、修復を終えたツタンカーメンの「黄金のマスク」のあごひげ 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.