ハイチ地震1年、進まない復興 写真特集

ハイチ地震1年、進まない復興 写真特集
時事ドットコム

 2010年1月にマグニチュード(M)7.0の大地震がカリブ海の島国ハイチを襲ってから1年。地震は22万人以上の死者を出し、首都ポルトープランスは壊滅的被害を受けた。市中心部には今なお大規模な避難民キャンプが点在し、被災者は援助頼みの先の見えない生活を送っている。この1年で市街地の幹線道路の通行を妨げていたがれきはきれいに除去され、車の往来が活発になった。だが、目を道路脇に転じると、空き地には所狭しと数百のテントが並ぶ。今も130万人が避難所での暮らしを余儀なくされている(撮影=ニューヨーク総局・堀川諭) 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.