「重力波」の観測 写真特集

「重力波」の観測 写真特集
時事ドットコム 時事ドットコム

 アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」の直接観測に成功したと、米カリフォルニア工科大とマサチューセッツ工科大などでつくる研究チーム「LIGO(ライゴ)」が2016年2月12日未明、発表した。重力波は宇宙誕生直後の姿など光や電波ではできなかった観測を可能にし、新たな天文学を開く手段になると期待される。
 重力波は質量を持つ物体が動く際、時空(時間と空間)のゆがみが波のように宇宙に伝わる現象。アインシュタインが一般相対性理論で予言したが、ブラックホールなど極めて質量の大きな物体が動いた場合でも、高精度の検出装置がないと捉えられない。これまで直接観測された例はなく、成功すればノーベル賞級の成果と言われてきた。
 研究チームは、米西部ワシントン州と南部ルイジアナ州にある二つの大型装置LIGOで、昨年9月14日に観測された重力波とみられる信号を解析。二つの装置でほぼ同時に同じ波形の信号が検出され、理論的な予想とほぼ一致したことなどから、太陽の36倍と29倍の質量を持つブラックホール同士が、約13億年前に合体した際に生じた重力波と結論付けた。
 写真は、LIGOの巨大な観測装置。米ワシントン州(上)とルイジアナ州(下)にあり、重力波の直接観測に初めて成功したと発表された〔LIGO研究所提供〕 【時事通信社】

時事ドットコム 時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.