エバー航空「ハローキティジェット」 写真特集

エバー航空「ハローキティジェット」 写真特集
時事ドットコム

 人気キャラクターのキティちゃんがあしらわれたエバー航空(台湾)の「ハローキティジェット」が26日、3年ぶりに成田―台北線に登場した。
 機体のほか、枕や紙コップなどの備品、客室乗務員のエプロンまでキティ尽くし。2005年から3年間、国内5カ所の空港と台北を結んで人気を博した初代に続き、同社の創設20周年を記念してエアバスA330―300型の3機を導入した。
 3機とも外装が異なり、成田線のほか札幌、福岡と台北を結ぶ路線にそれぞれ就航。主に成田線で使用される機体の愛称は、世界を旅するキティちゃんをイメージした「アラウンドザワールド」で、原則的に成田と台北を1日1往復する。

 出発ゲートの前でポーズを取るエバー航空のキャビンアテンダント(両端)とサンリオの人気キャラクター、キティ(中央右)、ダニエル(中央左) 【時事ドットコム編集部撮影】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.