2010ドラフト候補 写真特集

2010ドラフト候補 写真特集
時事ドットコム

   1巡目の抽選で6球団の競合の末、早大・大石の交渉権を獲得し、大喜びの西武・渡辺監督(右端)=都内のホテル(代表撮影)

  プロ野球のドラフト(新人選択)会議が28日、東京都内で行われ、4年前に夏の甲子園で優勝した斎藤佑樹投手(早大)に1位指名で4球団が重複し、抽選で日本ハムが交渉権を獲得した。斎藤には日本ハムのほかヤクルトとロッテ、ソフトバンクが競合した。

  ともに150キロ台後半の速球を投げる大石達也投手(早大)は西武、沢村拓一投手(中大)は巨人が交渉権を獲得。西武は横浜、楽天、広島、オリックス、阪神との競合で渡辺監督が最後の6番目にくじを引いた。巨人は単独で1位指名した。 中日は大野雄大投手(仏教大)を単独1位指名。抽選に外れた球団では広島が福井優也投手(早大)の交渉権を獲得し、ドラフト史上初めて同一の大学から投手3人が同時に1位指名を受けた。

  外れ1位でも塩見貴洋投手(八戸大)と伊志嶺翔大外野手(東海大)に各2球団が競合するなど計3度の抽選があり、楽天が塩見、ロッテが伊志嶺を引き当てた。ヤクルトは「外れ外れの1位」でオリックスと競合した山田哲人内野手(大阪・履正社高)の交渉権を獲得。阪神は榎田大樹投手(東京ガス)、横浜は須田幸太投手(JFE東日本)、ソフトバンクは山下斐紹捕手(千葉・習志野高)、オリックスは後藤駿太外野手(群馬・前橋商高)の交渉権を得た。 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.