怒りのデッドボール 写真特集

怒りのデッドボール 写真特集
時事ドットコム

 耐え難い苦痛。直後にこみ上げる投手・捕手への怒り。デッドボールとは和製英語で、日本語では「死球」と書く。剛速球が直撃した時点で打者は痛みに苦しむが、その報復により文字通り「死ぬような目」にあったバッテリーも数多くいる。当写真特集では、デッドボールを受けた打者たちと、その後のドラマ及び乱闘を回顧する。

 写真は、顔面に死球を受ける巨人の村田真一(横浜) 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.