苫小牧沖でカーフェリー火災 写真特集

苫小牧沖でカーフェリー火災 写真特集
時事ドットコム

 北海道・苫小牧沖で火災を起こしたカーフェリー「さんふらわあ だいせつ」の船内で見つかった遺体について、海上保安庁は3日午後、消火作業中に行方不明となっていた2等航海士織田邦彦さん(44)=広島県東広島市=と判明したと発表した。搬送先で家族らが確認したという。海保は遺体を検視し、死因などの特定を進める。
 海保によると、織田さんの遺体は同日午前11時すぎ、火元とみられる車両デッキの船尾側にある、車両搬入用のスロープ付近で、特殊救難隊員が発見した。スロープ付近は通常は駐車禁止だが、発見時は火災の影響で車両が動き、車が折り重なるなどしていた。写真は、火元とみられる車両デッキ内にあるトラックの周辺を捜索する特殊救難隊員[海上保安庁提供] 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.