幕末人物帳 写真特集

幕末人物帳 写真特集
時事ドットコム 時事ドットコム
 高杉晋作

たかすぎ・しんさく(1839〜1867)

 長州藩士・高杉小忠太の長男として生まれる。高杉家は禄200石で「大組士」という家格の中級藩士だった。1857(安政4)年、松下村塾に入門し、久坂玄瑞とともに俊英として名を馳せた。62(文久2)年、藩から幕府使節の随行を命じられて上海に渡り、太平天国の乱に接して清国の窮状や欧米列強の横暴を知り、憂国の念を深めたとされる。帰国後、英公使館焼き討ち事件を起こし、江戸から召喚されて萩に蟄居するが、63(文久3)年の下関戦争で召し出され、身分にとらわれない志願制の奇兵隊を創設する。66(慶応2)年の幕府の第2次長州征伐でも卓越した指揮能力を発揮し、幕府軍を退けた。67(慶応3)年、結核のため死去。享年29歳。
 画像は、「近世名士写真」大阪・近世名士写真頒布会、中川忠三郎氏秘蔵写真より 【時事通信社】

時事ドットコム 時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.