幕末人物帳 写真特集

幕末人物帳 写真特集
時事ドットコム 時事ドットコム
 大久保利通

おおくぼ・としみち(1830〜1878)

 薩摩藩下級藩士の家に生まれる。通称は正助、後に一蔵と改名する。1846(弘化3)、藩の記録所に出仕するが、50(嘉永3)年に島津家のお家騒動(お由良騒動)に連座して免職となる。3年後に復職、60(万延元)年に藩の実権を握る島津久光に近づき、側近として重用される。久光の公武合体運動が失敗し、薩摩藩と幕府の関係が悪化すると、西郷隆盛らとともに、王政復古のクーデター、武力による幕府打倒の実現に奔走した。
 明治政府では参議、大蔵卿を務め、廃藩置県など近代国家の基盤固めを進める。71(明治4)年、岩倉遣外使節団の一員として欧米を回るが、重要な目的であった不平等条約改正は果たせなかった。帰国後、征韓論を巡る政府内の対立をきっかけに、盟友の西郷隆盛と決別する。その後、参議兼内務卿として政権を掌握し、地租改正や殖産興業などを推進する一方、佐賀の乱や西南戦争などの士族反乱は冷徹に鎮圧した。78(明治11)年、政府に不満をいだく士族らによって東京・紀尾井坂で暗殺された。
 画像は、岩倉遣外使節団に加わって渡米中に撮影された写真 【時事通信社】

時事ドットコム 時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.