幕末人物帳 写真特集

幕末人物帳 写真特集
時事ドットコム
 吉田松陰

よしだ・しょういん(1830〜1859)

 長州藩の下級藩士・杉百合之助の次男として生まれる。幼名は寅之助。6歳で吉田家の養子となり、10歳から藩校明倫館に出仕、11歳で藩主・毛利敬親に「武教全書」の講義するなど、早熟の天才として名を知られる。
 1850(嘉永3)年、長崎に遊学してアヘン戦争の実態を知り、欧米列強による侵略を危惧するようになる。外国事情を実見しようと洋行を志し、54(安政元)年、下田に来航したペリー艦隊に乗り込もうとするが拒絶され、江戸に連行された後、長州藩に引き渡され、萩城下の野山獄に投じられる。翌55(安政2)年に出獄してからも実家の杉家での幽閉生活を強いられるが、叔父・玉木文之進が開いた松下村塾を継ぎ、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、品川弥二郎ら、幕末・維新の英傑を多く育てた。
 58(安政5)年、幕府が勅許を得ないまま日米修好通商条約を結んだことに怒り、老中・間部詮勝の暗殺を企て、再び野山獄に送られる。翌59(安政6)年、大老・井伊直弼が進める「安政の大獄」に連座して江戸に召喚され、処刑された。
 画像は、山口県萩市の松陰神社が所蔵する肖像画 【時事通信社】

時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.