幕末人物帳 写真特集

幕末人物帳 写真特集
時事ドットコム 時事ドットコム
 榎本武揚

えのもと・たけあき(1836〜1908)

 幕臣。幼名は釜次郎。御徒(一代抱えの御家人)・榎本円兵衛の次男として生まれる。
 1851(嘉永4)年、昌平坂学問所に学び、54(安政元)年に函館奉行・堀利煕の従者として蝦夷地に赴き、樺太(サハリン)に渡って各地を探検したとされる。57(安政4)年、長崎の海軍操練所に2期生として入所し、勝海舟らとともに海軍技術を学ぶ。62(文久2)年に幕府留学生としてオランダに派遣され、航海術、砲術、機関技術のほか、化学、国際法、当時最新の電信技術などを習得すると、67(慶応3)年、幕府がオランダで建造した軍艦・開陽丸で帰国した。
 帰国後、開陽丸艦長に任命されるとともに、幕府内での役職も軍艦役、軍艦頭並、軍艦頭と累進する。68(慶応4)年の鳥羽・伏見の戦いの後、新政府への恭順を拒み、江戸城が開城した後の同年8月、開陽丸など8隻の旧幕府艦隊を率いて品川沖から出港し、旧幕府陸軍と合流後、蝦夷地に渡って函館・五稜郭に立てこもって「函館政府」の樹立を宣言する。
 69(明治4)年5月、新政府軍の函館攻撃で五稜郭が落城すると江戸に送られ入獄する。72(明治5)年に放免された後、新政府に出仕。74(明治7)年、海軍中将兼駐露特命全権公使に任じられ、ロシアの首都サンクトペテルブルクに赴く。その後、海軍卿、駐清国特命全権公使、逓信大臣、文部大臣、外務大臣、農商務大臣を歴任した。1903(明治41)年に死去。
 画像は、国立国会図書館提供 【時事通信社】

時事ドットコム 時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.