幕末人物帳 写真特集

幕末人物帳 写真特集
時事ドットコム 時事ドットコム
 勝海舟

かつ・かいしゅう(1823〜1899)

 幕臣。幼名は麟太郎、諱は義邦、明治維新後は安芳と称した。海舟は号。旗本・勝小吉の長男として生まれる。勝家は実収およそ50俵の微禄だったが、将軍に御目見得できる旗本であった。
 西洋兵学、蘭学を学び、剣術でも直新影流の島田虎之助門下で免許皆伝を受けた。1853(嘉永6)年、ペリー来航に際して提出した海防意見書をきっかけに幕閣に認められ、55(安政2)年、下田取締掛手付として翻訳業務に登用される。同年、長崎海軍伝習所に派遣され、最新の軍事知識や操船技術などを身に付ける。
 60(万延元)年、遣米使節団の護衛艦となった咸臨丸に乗船して渡米。62(文久2)年、軍艦奉行竝に任命され、家禄も1000石まで加増される。同年、坂本竜馬が門人となる。63(文久3)年、幕府から神戸海軍操練所の開設を命じられるが、幕臣に限らず諸藩の家臣も集めた「共有之海局=日本国海軍」の創設を目指した思想が危険視され、64(元治元)年に操練所は閉鎖、勝も免職となった。
 66(慶応2)年、軍艦奉行に起用された勝は、第2次長州征伐で幕府軍の敗色濃厚な中で停戦を成立させる。68(慶応4)年、海軍奉行竝、陸軍総裁に任じられ、薩摩藩の西郷隆盛と面談して官軍の江戸総攻撃を回避させる。明治維新後は徳川家に従って駿府に移住。72(明治5)年、新政府に出仕して海軍大輔、海軍卿を歴任する。75(明治8)年に官職を退いた後は旧幕臣の生活支援に尽力する。99(明治32)年、病気のため死去。
 画像は、福井市立郷土歴史博物館提供 【時事通信社】

時事ドットコム 時事ドットコム
@jijicomをフォロー

PC版

(C)JIJI PRESS LTD., All rights reserved.